エレベーターの通話ボタンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【はじめに】
私たちが日常で利用しているエレベーターには、様々なシステムが組み込まれています。利用者が災害や予想外のトラブルに巻き込まれたときに利用する通話ボタンは、ビルの安全を守るために必要な装置ですよね。
今回は「エレベーターの通話ボタンについて」というテーマでお話していこうと思います。

【エレベーターの通話ボタンはどこにつながるの?】
ビルやマンションのエレベーターには、必ず非常時用の通話ボタンがありますよね。これはエレベーターに乗っているとき、地震やエレベーター自体のトラブルでかご内に閉じ込められた場合に使うものです。階層選択ボタンの近くにあることも多く間違えて押してしまいそうになったりもすると思います。
この非常用の通話ボタンは、それぞれのビルごとにつながる場所が違っています。
24時間運営されているメンテナンス会社のコールセンターにつながる場合もあれば、ビルの管理室や共用部のインターフォンにつながる場合もありますし、共用部の非常用ベルが鳴るだけで、その場にいてベルに気付いた人にビル管理会社へ連絡してもらう場合もあります。

【停電になっても使える?】
では、災害などで建物が停電してしまった場合、非常用の通話ボタンは使えるのでしょうか?どこにもつながらずかご内に居続けるのは不安ですよね。
エレベーターはいろいろなメーカーから出ていて、それぞれシステム等が違うと思いますが、ほとんどのエレベーターは緊急時のシステムが働きます。停電してしまったときは、かご内の装備されている予備のバッテリーから電源が供給されているため、緊急時の通話が可能です。停電時に点滅している停電灯もこの予備バッテリーから電気が供給されています。
停電時に関わらず、エレベーター内に閉じ込められた状態で万が一緊急用の通話ボタンがつながらない場合は、パニックにならないように落ち着いて「通話ボタンを押してみる」「全ての階層ボタンを押してみる」「携帯電話で助けを呼ぶ」等の対処をしてみてください。

【まとめ】
今回は「エレベーターの通話ボタンについて」というテーマでまとめてみました。
ビルの状況によっては、築年数や建物の構造、契約している管理会社の料金形態によって緊急通話ボタンのつながる場所が変わっているようです。ビルオーナーさんは、利用者が安全にビルを利用できるように、安全対策をしっかり行う必要があります。料金等もそうですが、安全面も考えてエレベーターのメーカーや、ビル管理会社を選びたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • [完全成功報酬型]ビル経営改善の無料相談
  • [完全成功報酬型]エレベーター費用削減の無料相談
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら