高層ビルに最適エレベーターギアレスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【はじめに】
私たちが普段使っているエレベーターは、現在ロープ式という稼働方式が主流です。
実際にエレベーターを稼働させているのは、屋上に設置されている機械室の巻き上げ機という装置で、巻き上げ機には「ギアードタイプ」と「ギアレスタイプ」に分けられます。
ギアードタイプは、減速機を用いてエレベーターの速度を調整しますが、ギアレスタイプは減速機を用いずにエレベーターの速度の制御を行う方法で、昇降スピードの変化がスムーズに行える特徴があります。
この記事では、エレベーターの重要な動力源となる巻き上げ機のギアレスタイプについて、ご紹介していきたいと思います。

【まずはギアの種類を見てみましょう】
ギアとは、歯車もしくは歯車を複数組み合わせて動力を伝達する装置のことをいいます。
冒頭でもお伝えしていますが、エレベーターで重要な動力源となる巻き上げ機には、このギアがある「ギアードタイプ」と、ギアがない「ギアレスタイプ」があります。
こういったエレベーターの稼働装置などは、屋上に設置しているエレベーター専用の機械室に設置されています。
また最近では省スペース化を図った機械室レスのタイプもあり、この場合は、エレベーターかごの通り道である昇降路内に稼働や安全に必要な装置が設置されます。

【ギアードタイプとギアレスタイプについて】
ギアードタイプとは、ギア(減速機)が巻き上げ機に取り付けられているタイプで、ギア巻き上げ機とも呼ばれます。このタイプには、巻き上げ機を作動させるモーター・ギア(減速機)・ブレーキ・綱車などが装備された装置です。
またギアレスタイプは、巻き上げ機にギア(減速機)が取り付けられていないタイプで、ギアレス巻き上げ機とも呼ばれます。このギアレスタイプは、エレベーターの動力源となるモーター回転軸に直接取り付けられたブレーキや綱車を組み入れた駆動装置のことをいいます。

【高層ビルに最適なギアレスタイプのエレベーター】
さて前項までで「ギアードタイプ」と「ギアレスタイプ」のエレベーターの違いを見てきましたが、この項では特に高層ビルに最適な「ギアレスタイプのエレベーター」について、見ていきたいと思います。
高層ビルに設置されているエレベーターは、高速で各フロアを昇降することから機能性や優れ、安定性にも優れたものが求められます。
高速エレベーターは、ギアレスにすることでスムーズな加速や減速、安定した乗り心地、また静かな昇降が実現され、エレベーター利用者の快適性を重視しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • [完全成功報酬型]ビル経営改善の無料相談
  • [完全成功報酬型]エレベーター費用削減の無料相談
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら