機械室が必要ない油圧式エレベーターの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

エレベーターの稼働方式は、ロープ式と油圧式に大別できます。
新築または改築済みのビルやマンションで使われているのはロープ式が主流となっていますが、古い低層階の建物では今でも油圧式エレベーターが使われていることがあります。
この油圧式エレベーターにはどのような特徴があるのでしょうか。

油圧式エレベーターについて

油圧式エレベーターとは電動ポンプの力を使って、かごを昇降させる仕組みのエレベーターです。
油圧式エレベーターにはジャッキという装置が使われています。
このジャッキはシリンダーとプランジャーという部品で構成されており、油圧ポンプからシリンダーに油を送ってプランジャーを押し上げ、再び油をタンクに戻すという動きをします。そのときに生じる圧力でかごを昇降させるという仕組みです。
現在ではロープ式エレベーターが主流となり、油圧式エレベーターが新設されることは減ってきています。
しかし、以前は油圧式エレベーターにも大きなメリットがありました。
それは、機械室を取り付けなくて良いことです。
マシンルームレスエレベーターが開発されるまでは、ロープ式エレベーターには巻上機や制御盤を設置する機械室を設けなければなりませんでした。
そのため、設備に充てられるスペースが少ない低層階の建物では、システムがコンパクトで積載量が大きい油圧式エレベーターが採用されていたのです。

油圧式エレベーターの種類

油圧式エレベーターだけでも、いくつかの種類に分けることができます。

直接式油圧エレベーター

直接、油圧ジャッキの動きをかごに伝え、昇降させます。
積載量が大きいかごを動かすのに向いています。

間接式油圧エレベーター

油圧ジャッキからかごに力を伝えるとき、間に滑車やロープ、鎖を介して動かす方式です。
油圧ジャッキを地中に埋めなくて良い、ロープをかけることでかごを効率的に動かすことができるなどが長所として挙げられます。

パンタグラフ式油圧エレベーター

アームが付いたタイプの油圧式エレベーターで、油圧でアームを伸縮させてかごを動かします。

最後に

今回は、油圧式エレベーターの特徴をまとめました。
もし所有されているビルで油圧式エレベーターを使っていて、今後リニューアルの予定があるのであれば、節電や清音の観点からロープ式に取り換えた方が良いかもしれません。
しかし以前は、油圧式エレベーターはスペースが狭い建物で重宝されていたこともあり、エレベーターの進化になくてはならない存在だったと言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • [完全成功報酬型]ビル経営改善の無料相談
  • [完全成功報酬型]エレベーター費用削減の無料相談
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら