エレベーターの仕組みについて知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編

はじめに

ビルを利用する中で重い物を運ぶことや人の移動はよくあることです。
2階や3階ならまだ大丈夫かもしれませんが、それがビルの高い所へ移動させるとなると大変な労力が必要になります。
そこでエレベーターの出番です。
普段何気なく使っているエレベーターも最新の技術が使われていたりと日々、進化しています。
そこで今回は、エレベーターの仕組みについて紹介していきたいと思います。

エレベーターの仕組み

現代のエレベーターは、人が乗る「かご」とバランスをとっている「つり合いおもり」がワイヤーロープによってつながっている方式になっています。
この方式はモーターにかかる負担を減らしつつも、その容量を小さくできることが特徴です。
エレベーターを昇降させる方式は、高さやスペースなどによって使い分けられています。
イメージとしては、ケーブルカーを思い浮かべてもらえば分かりやすいでしょう。
かごに取り付けられたローラー(車輪)にガイドされながら、レールに沿って移動します。
最近はローラーとレールとの力関係をコンピューターで調整するなど、かごの振動を抑えるよう工夫されています。

エレベーターは、設置場所や建物の形状に合わせて設置されていて、ロープ式・油圧式・その他の駆動方式を使用されています。
以下にそれぞれの仕組みを説明します。

ロープ式

ロープ式は、ロープでかごとつり合いおもりを連結し、綱車にかけ摩擦力を利用して昇降させます。
距離が長く、速度が必要な中高層建築物に適しています。

油圧式

油圧ポンプから油を送ることで、かごを上昇させ、油をタンクに戻すことでかごを下降させています。

その他の駆動方式

性能・効率・環境対応などを目指して研究をしている新しい駆動方式もあります。
例えば、磁石の力を利用し、ビルの中を上下に動くだけでなく左右にも移動が可能な「リニアモーター式」があります。その仕組みは、強力な磁気の力でかごを浮かせて、レールにふれることなく移動させます。ケーブルを使用しないため左右にも動くことが可能になりました。
もうひとつは「水圧式」
その名の通り「水」で昇降させる方式で環境に優しくコンパクトにもなっています。

まとめ

私たちが普段なにげなく使用しているエレベーターには、小さい力で大きな物を運ぶために、多くの工夫がされています。
その工夫のひとつには、待ち時間を短縮するために各階に止めるのと直通に分け途中の階で乗り換えることによって何十台ものエレベーターを効率よく動かす「スカイロビー構造」などがあります。
技術が発展している現在ではさらなる進化を目指し研究も進んでいるので、安全性や機能性もより高まることでしょう。

上記の内容も含め、設置場所や建物に合わせたエレベーターをぜひ検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら