入居者に選んでもらえるビル運営をするには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【はじめに】
ビルを所有する人の多くが、どうすれば入居者を増やすことができるか悩んでいます。しっかりと自分が所有するビルのPRを行って、空室対策を行うことで新たな入居者を獲得することができます。今回、ビルを所有する人に知ってほしい対策法を紹介しますので、参考にして下さい。

【空室になるビルが増えている】

最近はアクセスに優れ新築で、なおかつフロア面積の広い物件が注目されています。そのため、大型のオフィスビルが多く提供されていて、中小規模のビルは厳しい生存競争をせざるを得なくなっています。また、大型オフィスの募集賃料は下降傾向にあるので、中小規模のビルに比べて需要が高いのがわかります。このように近年はオフィスビルの競争が激化しているので、しっかりと対策を講じなければ入居者が少なくなり、賃料をしっかり獲得することが難しくなると予想できます。

【オーナーがするべき空きビル対策】

入居者を増やして空きビル対策をするためには、どうすればいいのでしょうか。空室が多いビルは当然賃料収入に影響します。そのため、入居者のニーズをしっかり把握する必要があります。国内にビルはたくさんあるのですが、利便性に優れ、防災対策がしっかりと取られたオフィスビルは高い人気があるためすぐ入居希望者が現れます。反対に防災対策を怠っていたり、借りても利便性を感じられなかったりするビルは敬遠されます。これからビルを借りようとしている人が何を求めているのか、しっかりと考えることが大切です。

【入居者にしっかりアピールすることが大切】

ビルを所有するオーナーにとって、入居者を獲得することは収入に繋がるのでとても大切なことです。入居者を獲得するためには、所有するビルのことを知ってもらい、きちんとアピールすることです。どんなに魅力的なビルを所有していても、認知してもらえなければ意味がありません。インターネットが普及した現代は、情報の新しさがとても重要で情報が古いと見てもらうことができません。仲介会社にそのまま丸投げするのではなく、ビルのオーナーである自分が率先して宣伝活動に関わるようにしましょう。

【まとめ】

入居者に選ばれるビル運営をするコツを紹介しました。ビルを所有していても、オーナーが努力を怠ってしまうと賃料収入が得られなくなるリスクがあります。どうすれば入居者に注目してもらえるのか、他のオーナーがどのような努力をしているのかを知ることが大切です。最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • [完全成功報酬型]ビル経営改善の無料相談
  • [完全成功報酬型]エレベーター費用削減の無料相談
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら