ビルメンテナンス協会が定めた建築物の衛生ガイドライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

通称「建築物衛生法」と呼ばれる法律は、ビルなど不特定多数の人が訪れる建築物の公衆衛生向上を目的として制定されました。
また、全国にある建築物の「快適な環境確保」を目的として設立されたビルメンテナンス協会は、上記の法律に則って衛生ガイドラインを制定しています。

今回、このガイドラインの概要についてお伝えしたいと思います。

15分野あるチェック項目

ビルメンテナンス協会が制定した「快適な暮らしのガイドライン」では大きく15項目に分けたチェック内容を提示しています。
以下、どのような内容かを一つずつ見ていきたいと思います。

1.空気の管理
室内空気の管理の章では、換気や冷暖房使用時の注意点、湿度管理、加除湿時の衛生面等について詳しくまとめています。

2.結露対策
結露とは、空気中の水蒸気が冷やされて水滴となる現象のことで窓や壁に発生するとカビ繁殖の原因となるので対策を講じなければいけません。

3.カビ対策
カビが発生するとアレルギーの原因となったり、人体の健康被害につながります。
ガイドラインではカビが好む環境について分析し対策を提示しています。

4.給水管理
貯水槽、浄水器の管理、井戸水、給湯器といったものの利用法、節水などについてまとめています。

5.排水管理
生活排水、配水管の管理、浄化槽といった排水全般についてのチェックポイントを提示しています。

6.ネズミ・害虫対策
ネズミの駆除方法、ダニ対策、ゴキブリなどの害虫発生予防などについてまとめています。

7.ゴミ処理
ゴミ分別の仕方、ゴミの減量化、リサイクルの推進、臭い対策などをまとめています。

8.臭い対策
ビル内で発生するトイレからの臭いや動物臭、下水、ゴミの臭いなどを解消する方法について言及しています。

9.騒音・振動などの防止
機械などが発するノイズといった騒音対策について具体的な解消法を提示しています。

10.清掃の仕方について
床や壁などの部分ごとの清掃方法、手入れの頻度、清掃を怠ったときに発生する不具合などについてまとめています。

11.照明
採光の仕方、照明を最大限に生かせる家電の配置法等についてまとめています。

12.施設の安全対策
転倒・転落の危険性がないか、高齢者でも利用しやすいかといった基準を確認しています。また、水回りなどの安全確認や電気の安全(漏電・感電予防、定格電流の順守、トラッキング現象予防)、ガス関係の保全といったことをまとめています。

13.化学製品の取扱い
殺虫剤、洗剤、塗料等の安全な扱い方についてまとめています。

14.ペットなど動物の扱い
動物を室内で扱う方法やしつけの徹底などを呼び掛けています。

15.アレルギー疾患
花粉症対策、アレルゲンの除去方法などをまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • [完全成功報酬型]ビル経営改善の無料相談
  • [完全成功報酬型]エレベーター費用削減の無料相談
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら