キュービクルの中身~何が入っているのか?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編

はじめに

キュービクル(キュービクル式受変電設備)は、電力会社から送られてくる高圧の電流を低圧に変換するための装置であり、一般的にビルや工場など電気に関して大口の需要がある施設に設置されています。
外側から見ると、ロッカーのようにも見えるキュービクルですが、その中身はどのようなものが入っているのでしょうか?
以下で見ていくことにしましょう。

キュービクルの中身

キュービクルの中身としては、具体的には次のようなものがあります。

区分開閉器

電力会社とキュービクルの所有者(電力の需要家)との間の責任や財産の境目となるところに設置される装置です。
主に電流が大地に漏れる事故(地絡事故)が起こったときに電力会社の設備に事故の影響が広がることを防ぐといった役割を果たしています。

断路器

電流の流れていない回路の開閉を担う装置です。
機器の保守点検等を実施する際に安全のため当該の機器を回路から分離するために使用されます。
なお、断路器でできるのは回路の開閉だけで、電源の遮断はできません。
したがって、断路器で電流が流れている回路を開閉した場合には、アーク(放電)による短絡事故が起きる可能性があります。

遮断器

異常が発生したときに、電流を直ちに遮断するための装置です。
回路を流れる電流を強制的に切断しようとすると、電極が分離されたとしても電流はさらに流れようとして、結果的にアークが発生します。
このアークによる火花をそのままにしておくと火事などの原因となるため、電流の流れを遮断することで火花をなくすのが遮断器の役割になります。

変圧器

キュービクル本来の役割である高圧の電流を低圧に変えるための機器で、トランスとも呼ばれます。
変圧器は大まかに三相タイプと単相タイプに分けることができます。
前者は工場等にある大型の機器用で効率性に優れ、後者は事務所や家庭等で使われる一般的な電気製品用で安全性に優れています。

保護継電器

地絡事故や短絡事故(本来の電路以外の所を電気が流れる事故)、過電流等が発生したときに、それを検出し遮断器等の開閉器に指令を送ります。
それにより異常や故障を最小限に抑えると同時に、それが機器の別の部分へと広がることを防止します。

その他の機器

以上のような機器以外にも、機器の状態をモニタリング・コントロールする役割を担う制御器、低圧に変換された電流を配電する役割を担う低圧配電設備、電力計や電圧計、電流計といった計測機器等もキュービクルの中身として配置されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら