キュービクルとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編

はじめに

普段、電気がどのようにしてオフィス内で使えるようになっているか知っていますか?
一般の家庭とは違い、オフィスビルなどには高電圧の電気が送られてきます。
そこで、とある金属板の箱を使い変圧して使っています。
その箱がどんなものなのか?
また、設置することでどんなメリットがあるのか?
そして、どのような作りになっているのかを説明していきます。

どのような所で使われているか?

オフィスビルなどの様々な建物では、電気が多く使われており、50kW以上の電気供給契約を結んでいるのが通常です。
そのような施設では、発電所から送られてくる6600Vの電気をそのまま受け取っています。
ただし、そのままでは、ビル内の電気機器で使うことができません。
そこで電圧を変換する必要が出てくるのですが、そのための設備がキュービクルです。
なお、正式名称は「キュービクル式高圧受電設備」といいます。
設置されている所は主に、屋上や駐車場になります。

構成はどうなっているのか?

外部から見ると、ただの大きな箱にしか見えません。
しかし、その中身は高電圧の電気を変圧し、配電するための重要な物になっています。
変圧器だけでなく、回路のオンオフを行う機器や保護装置が配置されているのです。
これらの機器が入っている丈夫な箱は、感電・停電といった事故防止にもなります。

メリットと注意点

キュービクルを導入するメリットと注意点はどのような物があるのでしょうか?

安全性

機器を金属製の箱に収納するため、ネズミなどの侵入も防げます。
また耐環境性にも優れているので屋外にも設置することができます。

簡単に設置可能

工場で完成した物を数個に分割し出荷するため、設置現場で分割箇所を接続するだけで完成します。

狭い場所でも設置できる

機器をまとめて収納しているため、比較的狭い場所(駐車場・屋上など)などにも設置可能で、コストも減らすことができます。

注意点

必要な機器を小さくまとめて収納するのに優れている反面、大型の変圧器の収納は難しくなります。したがって内蔵機器の大きさに注意が必要です。
また一度設置すると、拡張するときにコストと時間がかかってしまいます。
そのため、将来的に増設が可能な設計が行われているか、作業に必要なスペースがあるかどうかの確認をしておくと無難でしょう。

まとめ

電気をたくさん使用する施設ではキュービクルは必要不可欠になります。
安全性も高く、コンパクトなので設置しやすくなっています。
ですが高い専門性が必要なのでメーカーと相談しながら導入することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら