キュービクルの寸法だけでは決められない!設置スペースについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編

はじめに

ビルのような電気需要量の大きな施設で必要になるのがキュービクル(キュービクル式受変電設備)です。

一般家庭のように電柱のトランスで変圧された電気を施設内に取り入れるのではなく、高圧のままで施設内に電気を引き入れ、キュービクルで変圧するわけです。

ところで、このキュービクルを設置するに当たっては、周囲の建物や設備との間に一定の距離を確保しなければならないことが法律によって定められています。

つまり「本体の寸法だけで設置スペースの広さを決める」ということはできないわけです。
どれくらいの距離が必要なのか、以下で詳しく見ていくことにしましょう。

設置に必要な距離

一般社団法人日本電気協会が編集する「JEAC 8011-2014 高圧受電設備規程」によれば、キュービクルを設置する場合、周囲のものとの間に以下のような距離を確保しなければなりません。

屋内

設置スペースが屋内となる場合、機器が入った金属製の箱(キュービクル本体)と周囲との間には、保安のために次の距離を確保する必要があります。

(1)操作面(異常時に電流をカットするための遮断器や、保守点検の際などに使用される断路器が設置されている面)に関しては、「扉の幅+保安上有効な距離」以上(最低1.0m以上)のスペースが必要です。
なお、「保安上有効な距離」とは、人が移動するに際して支障を与えない距離のことを言います。

(2)操作を行うことはないが、点検を行う面については0.6m以上の距離が必要です。

(3)溶接などの構造(溶接あるいはねじ止めなどで強固に固定されているもの)で、換気口のある面は0.2m以上の距離が必要です。
なお、溶接などの構造で換気口のない面に関しては、特に規定はありません。

屋外

(1)設置スペースが屋外となる場合には金属製の箱と周囲との間に、保安のために「1m+保安上有効な距離」以上のスペースを設ける必要があります。

ただし、隣接する部分(建物など)が不燃材でできていて、しかも、その建物などの開口部に防火戸やその他の防火設備が設置されている場合には、先ほど説明した屋内の場合に準ずることができます。

(2)キュービクルは消防法上の「変電設備」に該当します。
このため、設置するに当たっては、建物から3m以上の距離を開けなければなりません。
ただし、面する部分が不燃材でできているかもしくは覆われている外壁で、開口部がないケースでは、この限りではありません。

また「消防庁告示第7号キュービクル式非常電源専用受電設備の基準に適合するキュービクル」(告示適合キュービクル)や「日本電気協会の認定あるいは推奨する製品」(認定キュービクル・推奨キュービクル)のように、火災予防上の支障がないと消防長によって認められた構造を持つキュービクルの場合には、「屋外(1)」の規定に準ずることとなります。

最後に

これらの距離に関しては、地方自治体の定める条例が関係してくるケースもあります。
その場合、確保しなければならない距離は、上で説明したものとは異なることもありますので、キュービクルを設置するに当たってはあらかじめ管轄の消防署などに確認するようにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら