エレベーターの耐用年数とリニューアルのタイミングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

建物は年月が経てば老朽化していきますが、中に設置されているエレベーターも同じように老朽化します。

時間が経てば建築設備は機能に衰えを見せ始めますので、不具合が出てくれば修繕していくことが必要です。エレベーターも例外ではなく、税法上の法定償却耐用年数は17年ですが、長期間経過していればメンテナンスを行っても色々な問題が生じるケースも出てきます。

多くの人が毎日利用し、安全で快適な空間を確保するためにもタイミングに応じてリニューアルしていくことが必要になるでしょう。

 

マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編

リニューアルの必要性と目安

エレベーターなどの建築設備は、適切な修繕を繰り返すことが必要になりますが、例えメンテナンスを継続して行っていたとしても経年劣化は防ぐことはできません。

また、エレベーターは一定の年月が経過することで、外装部を修繕したり、劣化した機能の部材や設備などを新しくしたりすることが必要です。

主要となる部分の装置の耐用年数は20年が目安になりますので、新しく設置して20年経ったエレベーターはリニューアルのタイミングと考えるようにしましょう。

 

本来のエレベーターの耐用年数は?

また、ただ物理的も劣化したからというだけでなく、社会的なニーズに合わせたリニューアルも検討しましょう。例えばメンテナンスを続けていても、長い間使っていたエレベーターは劣化していきます。古くなるほど部品を調達することも困難になり、修理にかかる時間も長期に及ぶ可能性があります。

なお、本来のエレベーターの法定耐用年数は17年、計画耐用年数は25年です。

・法定耐用年数
税法上の資産価値を表した年数で、種類や用途ごとに減価償却資産の耐用年数等に関する省令により細かい定めがあります。会計上、減価償却費を計算する際の基礎になります。

・計画耐用年数
物理的な寿命年数をあらわします。

 

乗る人が快適さを感じることができるように

そしてバリアフリーや地震対策など、社会ニーズに合わせることでビルやマンションの資産価値を向上させることに繋がります。

どのような機能が求められているのか、変化する安全基準も確認し、利用する人が不便だと感じないためにどのように対応すればよいかを検討しましょう。

 

エレベーターのリニューアルによる効果

例えば最新のエレベーターに新しく変更した場合など、古いエレベーターにない色々なメリットを得ることができます。

安全基準や耐震基準などに対応できることはもちろんですが、最新ドアセンサでドアの開閉時に安心して乗ることができます。快適な乗り心地と効率の良い運転で、走行や待ち時間が短縮されるでしょう。

遠隔監視などで緊急時にも迅速な対応ができ、車いす仕様など福祉機能も充実させることができます。

安心・安全性を向上させ機能性・デザイン性を改善することができ、さらに省エネ効果でCO2排出量も削減できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • マンガでわかるビル経営 エレベーター保守管理費用削減編
ビルの管理費用削減・エレベーターの費用削減などについて、
お気軽にご相談ください。
03-6272-8690
お問合せフォームはこちら